リハビリテーションの仕事とは

身体や心の回復

リハビリテーションの世界での資格といえば、やはり理学療法士と作業療法士になるでしょう。医療チームのリハビリテーションの中心となる存在になってきます。

理学療法士は、身体の肉体的部分を基本として活動していきます。運動療法や物理療法を使いながらサポートしていくことが基本で、歩行訓練などだけではなく、スポーツ選手のリハビリテーションでも活躍しているところを見かけるはずです。これは理学療法士の活躍のフィールドになりますが、もう一つ混同されやすい資格があります。それが作業療法士です。

作業療法士は、理学療法士とは異なり、心の部分にアプローチしていくところに特徴があります。精神的な部分に係るところで、治療のことやこれからの生活のことなども対応していく立場です。理学療法士もおこなうことがありますが、生活訓練などもおこない、より専門的なサポートをしていきます。社会参加など、これから先のことを考えれば、大事な役割を担っています。

そして、最近活躍の場が増えてきたのが言語聴覚士です。言葉を発するだけではなく、聞くこと、理解することをリハビリテーションの中心として据えています。コミュニケーションを取ることで社会復帰ができるようになるでしょう。多くの問題にも発展していくことから、大事な役割となってきています。